ほねぐみ

本、映画、ゲームの感想など徒然

【ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ】会話もドンパチも淡々と進む、珍しいアクション映画

麻薬カルテルに妻子を殺された主人公(元検事、現暗殺者)が、カルテル撲滅のために麻薬王の娘を誘拐し、麻薬組織同士を煽ろうとする話・第2弾。


第1弾の感想はこちら
1作目は主人公・アレハンドロの過去や考え方、そして相棒(?)マットの立ち位置が描かれている土台のようなお話です。2作目とのつながりは特にないものの、1作目を観ておいた方がより話はわかりやすいと思われます。


前作も相当説明不足感がありましたが、今作も相当です。まず主役のアレハンドロ氏がほとんど喋りません。
前作より出番は増えているのに台詞は減ってるってどういうこと??説明がない上に淡々と進むので、何が起こっているのかよくわかりません。細けぇことは気にするな、雰囲気で乗り切るんだパターン。
ただ説明不足なのはたしかですが、こんなに登場人物たちの言動や状況がよくわからないのは単に自分の読み取り能力不足が原因だとも思います。アメリカ国内の警察・軍事についてや麻薬、さらにアメリカとメキシコ間の関係について知識があれば、もう少し補完できることがありそう。

その証拠に(?)軍や警察、麻薬についてはよくわからないものの、知識を必要としない「人の機微」についてはちゃんとわかるようになっています。
むしろよくわかるように描けているなと。だって会話もほとんどないのに……必要最低限の会話と仕草だけで、登場人物が何を思っているのかなんとなくわかるのすごい。
特にすごいと思ったのは、半分過ぎたあたりの夕方にアレハンドロ氏とマットが無線でやりとりするシーン。お互いの状況を最低限しか話していない(むしろマットはほとんど口を噤んでいる)のに、アレハンドロ氏がマットの置かれた状況をちゃんとくみ取っていること。そしてマットもたぶんそのことを理解していること。そのことが、彼らの短いあいづちや表情からわかります。
そしてマットが最後にとった行動も、あれはきっとアレハンドロ氏の意向を汲んでいるのでしょう。

このツーカーぶりとお互いへの理解や気遣いの深さを見せているのに、微妙に他人行儀で距離があるところがおもしろいです。
第1弾で主役をはったケイト捜査官とその相棒の関係とは明らかに違う。彼らもお互いのことを理解し信頼し合っていますが、表し方がウェットというか。アレハンドロ氏とマットがドライすぎるのかもしれませんが。

そういえば、今作のラストを観て初めて「原作は小説か?」と思いつきました。ただ調べたところ小説ではない様子。原作は特になく、映画オリジナル脚本のようです。
続きは作れそうですけど、果たして続編はあるのかどうか。ラストを観て「毒喰らわば皿まで」という言葉が頭をよぎったので、ここらでやめておいた方が綺麗な終わり方な気はします。
この先は底なし沼。いや底なし沼も底はあるでしょうけども。