ほねぐみ

本、映画、ゲームの感想など徒然

【迷路館の殺人/時計館の殺人】「その館」ならではのストーリーとトリック

迷路館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫) 作者:綾辻行人 講談社 Amazon シリーズ第3弾。地下に建てられ、迷路によって部屋同士がつながれた「迷路館」。ある日、島田に届いた一冊の本「迷路館の殺人」。それは作家・鹿谷門美が自身の体験をも…

【HUNTER×HUNTER 37巻】構成とか今後のこととか第4王子とかについて

HUNTER×HUNTER モノクロ版 37 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者:冨樫義博 集英社 Amazon 舞台は船。暗黒大陸に向かう船上で始まった「生き残った一人が王となる」ためのカキン王国王位継承戦。14人の王子が争う中で、一般客がいる第3~5層ではマフィア同士…

【僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE-ワールド ヒーローズ ミッション-】興味深い敵役

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション 山下大輝 Amazon 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』公式サイト 映画 第2弾。”個性”撲滅を目論む思想団体ヒューマライズ。エンデヴァー事務所でのイン…

【僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE-2人の英雄-】映像・初感想

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~ 山下大輝 Amazon 映画 第1弾。海上の動く研究都市「I・アイランド」に招待された主人公とNo.1ヒーローのオールマイト、雄英高校の生徒たち。厳重なセキュリティが敷かれているはずが、島全体がテロリストに…

【インド倶楽部の謎・狩人の悪夢】美しいロジック

インド倶楽部の謎 国名シリーズ (講談社文庫) 作者:有栖川有栖 講談社 Amazon 作家アリス・国名シリーズ第9弾。人が生まれてから死ぬまでのすべて、前世までもが記されているという「アガスティアの葉」。そのリーディングに参加したメンバが相次いで殺され…

【僕のヒーローアカデミア】27巻以降の感想:それいけ!子供たち

過去の感想はこちら↓1~44話/45~89話/90~134話/135~188話/189~258話 無料公開分を読み終わり、259話からはコミックスを追っています。27巻から始まって現在発売されている36巻まで。29巻の表紙がすごくいい。あと35巻も。 僕のヒーローアカデミア 29…

【僕のヒーローアカデミア】189~258話の感想:ある人のオリジンに阿鼻叫喚

過去の感想はこちら↓1~44話/45~89話/90~134話/135~188話 無料公開分をすべて読みました。以下感想。今回明かされたある人のオリジンの話しかほぼしていません。ネタバレあります。長いです。

【暗黒館の殺人】辛口感想

暗黒館の殺人(一) (講談社文庫) 作者:綾辻行人 講談社 Amazon シリーズ第7弾。人里離れた湖の近くに建つ漆黒の館「暗黒館」。浦登一族が代々住まう館に招待された「私」。嵐が直撃する中、謎めいた人々と忌まわしき風習、そして殺人事件の謎を解き明かす話…

【僕のヒーローアカデミア】135~188話の感想:今後の予想やキャラ語りやちょっとした不満など

過去の感想はこちら↓ 小分けに書いているのでやたら数が多い。1~44話/45~89話/90~134話 ストーリーは死穢八斎會編、文化祭編を経て新章へ。すっごくいいところで終わっているのでつ・づ・き!とソワソワしてしまう。内通者やヒーローとヴィランの関係、…

【僕のヒーローアカデミア(※追記あり)】90~134話までの感想:デクはどんなヒーローになるか?

(※2022.10.9に追記しました。死柄木さんと先生について最下に綴ってます)1~44話までと、45~89話までの感想はこちら。 サー・ナイトメアが「案件」について情報共有するため、ヒーローたちを招集したところまで読みました。出てきた情報や思ったことをメ…

【僕のヒーローアカデミア】45~89話までの感想:ヒロインは誰だ!?

1~44話までの感想はこちら。雄英高体育祭から、対ヴィラン編最初の盛り上がり(?)まで読みました。たぶん百回くらい言われてるでしょうけど、ムーンフィッシュ怖すぎだし拘束されてる意味ぜんぜんないじゃんなんなのあれ……? 以下感想。長い上にネタバレ…

【僕のヒーローアカデミア】44話までの感想

shonenjumpplus.com 誰しも”個性”を持つ時代に、”無個性”として生まれた主人公。ライバルの幼なじみや”個性”豊かなクラスメイトたちとともに、ヒーローを目指して奮闘する話。アニメ6期が放送されるため、アニメに追いつく258話までが段階的に無料公開。何気…

【館シリーズ】ギリ解ける難易度の推理小説

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫) 作者:綾辻行人 講談社 Amazon シリーズ第4弾。顔がなく、どこか一ヵ所を欠落させた人形が佇む「人形館」。療養を終えた「私」は、父が残した館に母と移住した。しかし密室下でのいたずらや郵便受けに…

【鍵の掛かった男】珍しくワトソン・アリスが大活躍

鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫) 作者:有栖川有栖 幻冬舎 Amazon あるホテルに5年滞在し続けた男が、部屋で亡くなった。警察は自殺と断定したが、推理作家・有栖川有栖を経由して火村英生のもとに再調査の依頼が舞い込む。謎につつまれた男の過去を、推理作家と…

【黄泉のツガイ】2巻の感想

黄泉のツガイ 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 作者:荒川弘 スクウェア・エニックス Amazon ある山奥で生まれた、朝と夜を別つ双子の兄妹。2人の力をめぐるツガイ使いたちの話。2巻が出ました。今一番、続きが楽しみな漫画です。1巻から思ってましたけど…

【探偵・石動戯作シリーズ】作品ごとに異なる味わい

美濃牛 探偵石動シリーズ (講談社文庫) 作者:殊能将之 講談社 Amazon シリーズ1作目。岐阜県のとある村の鍾乳洞には「病を癒す泉」があるという。その鍾乳洞の前である日、首なし死体が発見された。連鎖する殺人事件と「奇跡の泉」の探索、そして村に伝わる…

【黒い仏】これは推理小説なのだろうか?硬派なタイトルからは予想もつかないユニークな物語

黒い仏 探偵石動シリーズ (講談社文庫) 作者:殊能将之 講談社 Amazo 探偵・石動シリーズ第2弾。唐から帰国しようとした僧・円載がもたらしたとされる秘宝。その宝探しと、アパートの一室で起こった殺人事件。絡み合う両者を探偵・石動戯作が解き明かすお話。…

【戦闘妖精・雪風 アグレッサーズ】浮き彫りになる人間性と特殊性

アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風 作者:神林 長平 早川書房 Amazon 13年ぶりの新刊……!!!5月下旬に『シン・ウルトラマン』を観に行ったとき、頭の中の3割ほどが『戦闘妖精雪風』のことを考えていました。それで何気なく『雪風』を検索してみたら新刊が出てい…

【宝石の国】虚無と美しさ

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス) 作者:市川春子 講談社 Amazon ずっと気になっていた漫画。連載再開を祝した無料公開で、11巻分(88話)まで読みました。 宝石の国 - 市川春子 / 第一話 フォスフォフィライト | コミックDAYS 2周しましたが何が起こ…

【ヒストリエ】満点のあやしさ

ヒストリエ(1) (アフタヌーンコミックス) 作者:岩明均 講談社 Amazon 友人に勧められて読みました。もともと同作者さんの『寄生獣』が大好きで、読みたいな~とずっと思っていました。やっぱりおもしろいです。でもどうしておもしろいのかまったくわかり…

【アフターゴッド2巻】思いは通じない

アフターゴッド(2) (裏少年サンデーコミックス) 作者:江野朱美 小学館 Amazon 表紙が良すぎて……。1巻表紙も相当かっこよかったのに2巻もだなんて、3巻はどうなるのかとわくわく。目、口ときて次はどの部分が隠れるのかも楽しみでなりません。耳でしょうか…

【ゴールデンカムイ】尾形語り

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:野田サトル 集英社 Amazon 無料公開期間中に全話読みました。コミックスはこれから少しずつ集めます。辺見氏が出てきたあたり(37話)からぐんぐん引き込まれ、日泥一家vs馬吉一家の抗争(55話)…

【春の呪い(※ネタバレあり)】相手を思うからこその呪い

春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス) 作者:小西 明日翔 一迅社 Amazon 春の呪い: 2 (ZERO-SUMコミックス) 作者:小西 明日翔 一迅社 Amazon ずーっと気になっていた漫画。ようやく読むことができました。一言でまとめると最高。主要3人それぞれの葛藤や、生者→…

【黒い家】職業バイアスと専門性

黒い家 (角川ホラー文庫) 作者:貴志 祐介 KADOKAWA Amazon 「いかに文字だけで怖さを演出するか」の参考にしたくて読み始めました。が、最初の動機なんてそっちのけでのめりこんでしまった。怖かったしおもしろかったです。「心霊現象的な怖さ」というより、…

【タコピーの原罪】暴力と自他の関係

タコピーの原罪 上 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者:タイザン5 集英社 Amazon [第16話]タコピーの原罪 - タイザン5 | 少年ジャンプ+ぶじ(?)最終回を迎えて。一つ不思議に思っていたことがあって、人に話したらその意見にガッテンガッテンだったので綴…

【ID:INVADED】早く続編が観たい(切実)

JIGSAWED 津田健次郎 Amazon ID:INVADED(1) #BRAKE-BROKEN (角川コミックス・エース) 作者:小玉 有起 KADOKAWA Amazon 人間いつ死んでしまうかわからないので「悔いなく生きる」が日々のモットーです。ただ「この日を迎えるまで絶対死ねない」というイベ…

【キャラクター】映画と小説の違い

キャラクター (小学館文庫) 作者:長崎尚志 小学館 Amazon 小説版を読みました。もう少し時間をおいてからにしたかったのですが堪えきれず。映画版との違いはラストだけかと思いきや、ストーリーの細かな部分と出てくる人物、人となりが異なります。そのため…

【屍鬼】いつか読み返したい心の殿堂入り

屍鬼(一) (新潮文庫) 作者:不由美, 小野 新潮社 Amazon 高校二年生のとき、なぜかふと気になって読みました。文庫版5巻を、二日で一気に読んだことを覚えています。二日目はほぼ徹夜で、深夜にぼろくそ泣いて呆然としたことも。そこから再読していませんし…

【金田一少年の事件簿】殺意とのつき合い方

金田一少年の事件簿 File(1) 金田一少年の事件簿 File (週刊少年マガジンコミックス) 作者:天樹征丸,金成陽三郎,さとうふみや 講談社 Amazon 堂本剛さん主演のドラマ版から入りました。なので、原作ではじめちゃんが長髪なのに最初びっくりしたのもい…

【聖伝】恋愛観を形作った作品

聖伝-RG VEDA-[愛蔵版](3) (カドカワデジタルコミックス) 作者:CLAMP KADOKAWA Amazon 初めて読んだときはまだ小学校低学年。タイトルのとおり、自分の恋愛観……恋愛観? を形作った作品だと感じています。 張ってるリンクが1巻でないのはご勘弁を。こ…